2014年4月8日火曜日

皐月様専用額縁


額縁を買うか買うまいか悩んでいたけど
超簡単に作れました(笑)

全く丁寧に作らず、余り物ばかりで制作費はPET板の¥1900だけでした
色は最近はまっている染色仕上げです
まずまず満足

2014年3月31日月曜日

BOARDER LINE


群馬の奥野恭平くんの作品
BOARDER LINE 
が完成した模様
期待汁満載!楽しみです

Guru's Cut&Stand


東京は祐天寺
Guru's Cut & StandにTeeとZINEありがたく置かせていただいており〼
歳の近いスケート好き過ぎのたまらん人達ともっと滑りたいこの頃です



next zineは案の定まだまだです。

2014年1月14日火曜日

2014

新春、、、
遅すぎますが、明けましておめでとうございます。
特に特筆する事なく書く事がないのでしばらく放置プレイでした。
今年もついに始まってしまいました、、、。
今年は去年よりもさらに動く事となりそうです。
動くといっても水面下での動きで
水面上にはでないような動きです。が、着々と目標を達成しておる次第です。
たのしみなdvdがあったり、zine No.3,No4を作るつもりだったり
あの人とあんなこんなしたり、ついに念願のアレもやるつもりです。
では、今年もそれとなく宜しくお願いします。

*画像の意味はありません

あっ、そういえば今年の目標トリックはB/S 360 と Full Cab とB/S Smithです。
言うのは簡単、行うのは難し。
が、やってやります。


2013年10月25日金曜日

Stephen pt.1

彼は去年ハワイから淡路島に来た。
いいスケート仲間でもあり、ベストフレンドでもある。
彼の今ある大きな問題に自分なりに考えようと思う。

2013年8月31日土曜日

問題

また一つ問題が起こった。
よく一緒に滑るスティーブンというスケーターがいます。
彼はハワイから中学生の先生(講師?)として、この辺鄙な淡路島に来ており、
偶然にも彼はスケーターであり、気も合うのでよく一緒にスケートをします。
後、一年か二年程しか日本にはいないので
僕が島外に行く時は出来るだけ連れて行き、他の日本のスケーター、スポットなどを
紹介しています。
それで問題というのは、
彼とスケートしている時に過去
(過去といっても何ヶ月も前。へたすれば一年程前から)
何度か彼の上司とすれ違ったことがあり、
彼の上司に『あそこでスケートしてはいけない』と何日か前に言われたそうです。
道の近くでは危険、人に対して危ない、など。
まぁどうでもいいよくある感じのやつです。
彼は仕事上、教育委員会に所属しているらしく、教育委員会のがあろうことか
的な感じだと思いました。
話を良く聞くと、いつもの場所の近くに新しく教育委員会の関係するビルが建設中で、
結局はそういうことかと。
彼は何時、何処でスケートすればいいのか?等、質問したらしいのですが
返ってくる返事は
文句を言うひと、警察、などとよくある同じ曖昧な返答で
結局はそのばしのぎの答えらしく
自分達の立場を悪くしないように、彼のスケートを禁止させる。という様に思える。
もちろん当然問題はそれだけでなく
僕の様な奴と自分の部下がスケボーなんかしてる、教育にも悪い、表だって言えない事も当然あると思う。
そもそも曖昧な所でなりたっている場所なので、こちらは極力周囲に気をつけ
僕自身はコーン、ボックスなど
出来るだけ置かない。置いても凄く短時間、時間帯を考える
等、出来ることはやっています。
なので意味も無く危険というのが一番理解できないし、理由はやはり
世間体のようにしか思えない。
話をややこしく大きくすると、その場所がダメになる可能性が多いにあるだろうし、
かといって、彼のスケートを制限させたくないし
どうすればいいのか、、、、わかりません。
ただ彼は
仕事を止めようかなと言っていました。冗談かもしれないw
僕も今はそれがいいように思う。
彼に良く聞くのは
日本にきて初めて思うことがよくある。日本人の考えがよくわからない。
まぁ訳のわからんウジウジした特有の感じの事だと思う。
それを凄く嫌っているのに、その感じでスケートの事まで
仕事の人から言われる事がたまらなく嫌だろうし、僕自身も
そういうのは大嫌いなのですごく同情します。
でも僕は結局、答えを見つけていない。
どうすればいいのか、、、、。

video